新学期スタート

先週の7日に入学式を無事に終え、2日に渡って内科検診や実習着のサイズ決めたりオリエンテーションを住ませて、今週から授業開始。

昨日の13日は指圧実技に衛生学と東洋医学概論。
午後の概論の授業あたりは、もう眠くて眠くて…

こっち見んな
教室の「こっち見んな」 ドイツ人だそうです。

指圧の授業では、どういうものなのか押してもらって体感というものでした。
イギリスでちょびっと習った指圧と違って、親指が深くまで入って来る。背中を3カ所押してもらったのですが、背骨の裏側まで力が来る感じ? 親指、痛くなりそうだな。
指圧をずぅっとやってると、親指が平たく大きくなるらしいです。うーむ

今日は水泳。

恐怖の水泳だったのですが、事前の泳力調査で「泳げない!」と主張できていたから、少し安心してました。
水に潜る所から、ビート板でのバタ足、クロールの練習。
ええ、もうたっぷり水を飲ませてもらいましたよ。

2時間のうちの半分強は泳ぎのレッスン。
後半30分強は水中エクササイズ。
健康運動指導者の資格試験に、このエクササイズの指導もあるみたいで。
ついでというと何だけど、この資格も取れるならやりましょうと思っていましたが、この指導の実技試験も受けるとなると、ちょっと考えてしまうな…実技が水泳とは限らないらしいけれど、他にはエアロビもあるし、エアロビとなるともっと不似合いです。

水泳の授業の後、家に戻って6時間、昼寝しました。 ( ´_ゝ`)フッ

携帯電話を買う

もちろんイギリスでも使っていたし、携帯電話は必須だよな…

とわかってはいたけれど、ネットで調べても日本の携帯電話ってやたら機能がついていて、何がなんだかさっぱりわからん。

そして、ネットショップを見ると異様に高い!
携帯電話に5万円って、それ、なにっ

イギリスから日本で戻るのに、今回は初めてドバイ経由の飛行機で戻ったわけで、その24時間はいろいろ面白い事もやまもりだったわけですが、

それはさておき、ドバイから日本への便がようやく関空に着いたとき、お隣に座っていた日本人のお兄さんがiPhoneを取り出しました。
おお!

「値段が変わらないんだったらiPhoneがいいんじゃないか?」なんてイギリスに居るときに考えていた私、見ず知らずのお兄さんに
「すみません、iPhoneって、使ってていかが?」
なんて感じのことを聞いたわけです。

お兄さん、短い時間のうちにいろいろポイントを教えてくれました。
ともかく、

契約そのものはどこの携帯電話の会社でも同じ であること、
iPhoneは非常に使い易いと思うけれど、バッテリーが弱い こと

なるほど。
ちょっと動作もみせてくれましたが、やはりスムーズでいいですね。
魅力的。。。

が、私が出先でネット三昧するか?というと、ネット中毒ではあるけれど、今のところ外ではやらないだろうなあ…テキスト、いえ、メールの送受信はするでしょうけれど。

と、某電気量販店に「下見」に行ったところ、
auが「本体価格0円キャンペーン」なんてしていました。
「携帯電話の契約はどこも同じ」と聞いていたので、それなら本体で選んでみようかと思っていたら、

おお、いいじゃないの!というものを発見。
auの、去年のもので、ごつい感じはするけど好みです。
旦那も友達もdocomoだから、これは家族割引など考えるとdocomoにすべき…でも、やっぱ本体でしょう!

auにしました。長男がauなので、彼とは家族割引。

が、気に入った電話は、実は売り切れだった…惜しいなあ!
あれ、ほんまによかったのに。。
仕方ないので、auの新しい機種に。
(本体で選ぶ からはずれてるじゃん)

携帯電話で日本語うつの、慣れなくてまだもたもたします。

The Bull Pen

うちから北へ向かったRadlettという町にあるファーム。
Battlers Green Farm

小さなファームショップ集団で、お店が数件あるだけなんだけれども、私には魅力的な場所です。

そこにあるティールームが、The Bull Pen。
なんて事の無い、ちょっと軽食とお茶が出来るところで、
ところがですね、そこのメレンゲは、やたらおいしいのですよ。

メレンゲはどうも苦手という人が多いけれど、ここのメレンゲもおいしくないのか、一度食べてもらいたいなあ、と思うものです。
昨日行った時に友人が頼んだロールケーキも、おいしかった!
それはwalnutのロールケーキで、生地が「どうやって巻いたんだろう」と思うほど柔らかく、そこにwalnutがふんだんに入ってます。

メレンゲに話を戻すと、向かいにあるオーガニックフードショップで、このメレンゲは購入出来ますです。コツウォルズのお店で作ってるみたい。

The Bull Pen
Battlers Green Farm,
Common Lane,
Radlett,
Hertfordshire
WD7 8PH
01923 857 505
map

ちなみに、このファームにはクリスタルやお香を置いているお店もあります。お店のお姉さんは石の相談にものってくれる。そんなに種類をいつも置いている大きな店ではないけど、注文も受け付けてくれますわ。

鍼師になろう

というテーマでカテゴリー作りました。
七転八倒していくの、書いていこうかなと思います。

鍼師に「なりたい」とは、もう何年も前に思っていたんだけれど、自分だけ日本に学生しに行く訳にもいかないし、子供がまだ学生だし、で、「実現不可能」と思っていたのでした。

が、ですね、

次男は社会人になってる。長男も、たぶん社会人になる
(なりました)
うちの生活も日本とイギリス半々だ

あれれぇ!?

これは、出来るんでないかい?
と思ったのが8月の末。

勉強したいなと思っても「鍼の免許を取ったら」と資格の壁にぶちあたった時点で、「取ったろうじゃないの!」という、
いかにも私の流れでもあります。

と言いつつ、移住は大きな事なのんで悶々としつつ準備して、決断したのは9月半ばです。社会人入試には間に合いませんでした。夏休みから動かないとあかんね、それには。

ギリギリ試験日の2週間前に帰国して、すぐに美容院に行ってカット、写真撮り、その前に体験入学の申し込みはしておきました。見学に行っておくのって大事かな?と思うし。

学校は、まず通学の便利さと伝統校という条件で選んでいたので、第一志望は日本に行く前から決まってました。

体験入学の時はおじさんおばさんも居たけど、
一般入試で受験したからか、

受験日当日の朝、旦那に車で送っていってもらったら前に停まった車から降りて来たのは制服を来た高校生。
実際、試験会場で見たら、みんな制服だった( ´_ゝ`)プッ
ひとり、明らかに高校生には見えない人いたけど、
わかんないもんな…

さて、学年では私くらいの年の人、いるかな。
「老眼で見えないんだよねー」というのに共感してくれる人がいたら、ちょっと心強いんですけれど。

52歳になろうという来年に学生生活スタートです。
もがき苦しむでしょうけど、楽しみますぞ!

Hotpot

hotopotって何!?

知りませんでした。火鍋? まんまなんですね。

で、ロンドンはシャッフツベリーアベニューにあるという火鍋やさんに連れていってもらいました。「Little Lamb」というらしいこのお店、有名なんですね。ネットで検索したらいっぱい出てきました。
ひとつの鍋で6人まで、なんですって。
予約しててくれたら、地下の個室でした。ほほー

hinabe1
ああ、「辛い方」のスープがおいしそうっ
唐辛子の粉まみれじゃないですか。

「辛くない方」のスープも、実はとてもおいしかった。
どちらにもナツメグやナツメ、クコといったスパイスがそのまんま浮かべてあります。ガーリックもたっぷりだ。そりゃおいしいよなー
ネットで火鍋を検索したら八角も入れるような事を書いてあったりするけど、このお店では見た目は八角なし。わたくし、アレは苦手なので良かったです。

にくにく野菜 投入!!
hinabe2

6人で行って、豚、牛、羊、それぞれ2つずつ頼んだら、ものすごい量でした。エビイカも1つずつ頼んだし。

タレはガーリック、ごま、腐乳の3種。ごまもいいけど、ガーリックのタレもおいしいね。

小尾羊 Little Lamb
72 Shaftesbury Av, London W1D 6NA
+44 20 72878078
マップ

二宮町のイタリアン

大磯で知人と久しぶりに(といっても夏にロンドンで会ったけど)会いましょう! と、イタリアンレストランに行ってきました。

いつ出来たのかは、私はもちろん知らないけど、
地の魚を使ったイタリアンで結構名が知られているらしいお店ですの。お昼を食べに行く予定でも、予約は必要なんですって。

で、彼女をおうちで拾ってうちの車で。
お店の前、めちゃ狭いのでうちの車を停める事は不可能!
道を挟んだ反対側の駐車エリアに、お店のスペースがありました。だよねー 小型車じゃないと無理。

まずはパーニャカウダというもの。

italian1

italian1

これは野菜をアンチョビソースとともに食べるものらしい。
わたくしは、食べたのは初めてです(たぶん)。
おいしかった。
アンチョビソース、と言うてもオリーブオイルとアンチョビじゃない? これは家でやってみよう。

italian2

italian2

で、お刺身の盛り合わせ。
もちろん料理名はおさしみの盛り合わせじゃないけど。
ちょっとハーブが散らしてあって洋風、おいしかった。
はなかさご なんですってね、左奥の派手な顔の魚。

italian3

italian3

ピザは、どなたかのブログで紹介されていたもので、食べてみたかった一品。
上の温泉玉子がいいよね!!
で、いわゆる「ピザソース」がかかってるピザよりも、オリーブオイルとモッツアレッラチーズという、こういうピザの方がおいしいと思う。これも、家でも作ってみたいもの。

italian4

italian4

でもって、これもどこかのブログに書かれていた、カキとウニのクリームパスタ。もーーー 名前だけでも「うれしい」感がにじみ出て来るじゃないですか。
大好物のかたまりだってだけかもしれないけど。
お連れの方がエビ・カニ・カイが駄目なのをわかっていて注文する、この私って。

おいしかったです。欲を言えば、クリームソースがもっと熱々だったら、なお幸せでした。あっつっつ!と思いながら食べたいじゃないですか、パスタ。

お店は神奈川県の二宮町のベッシベンドーロでした。

この数日

こっちの長男のプレステ3で私のアカウントを作り、
デモンズソウルを始めてしまいました。
墓穴、掘りました。
このゲームは、私はやめられなくなってしまうのです。
あと最後のすばやいおじいさん一人、というところまで来たけれども、
苦戦。今回は、びしっと魔法使い一辺倒で、体力まるで無しのキャラクターです。

今日は、この春休みに一時帰国したときに受けた眉のアートメイクの第2回目を受けてきました。通常、施術の1ヶ月後にもう一度受けて色をきっちり入れるらしいのですけれども、前回はその時間が無かったので。奇しくも半年後に戻ってきたので、2回目。
眉が傷となるので試験の後にしようと思ってね。

左目が結膜炎となってコンタクトレンズが入れられなくなり、しかも少々よくなって来たにしても、使っていたマンスリーのレンズは期限が切れているので入れたくない、しかもおニューを持ってくるのを忘れたわたくし、今日はメガネ屋さんにも行ってきました。

ドクターがちゃんと居て、見てくれたら結膜炎。
目薬、いただきました。

それが、フリー! 無料だなんて、信じられない。
ワンデイのレンズの方が旅行には便利と勧められて、確かにそうなので1箱だけ購入。ちゃんと私のようなド近眼のレンズもそろっている。

もー 日本、すごい。

これで、飛行機に乗るときにはレンズを装着できるかな。
でも飛行機に乗ったらすぐに取るから、勿体無い。。。

そうそう、眉のアートメイクを受けた時に、時間がありそうなので、まつげパーマもかけてもらったのです。2900円ですよ…安い…
皆さん、これで商売になるのでしょうか。
てか、大変やな。きめ細かいサービスをしてくれているのに。